【SNS集客】目的で使い分けよう!特徴と成功事例を紹介!


「SNSで本格的に集客をしていきたい
何のSNSを使ったらいいか分からない

このようなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

毎日しっかり情報発信をしているのに成果に結びつかないという方は、もしかしたら目的とずれたSNSの活用をしているのかも知れません。

今回は「SNSを集客の目的別に使い分ける方法」「各SNSの特徴と成功事例」についてご紹介していきます。

最後まで読んで頂ければ、目的に合ったSNSをみつけることが出来ます。ぜひ参考にして下さい。

「SNS集客が上手くいかない」方は"戦略"で失敗している可能性があります。
まずはデジタルマーケティング戦略をゼロから見直しませんか?
【 無料ダウンロード 】明日から使える!デジタルマーケティング戦略シート(Excel形式)

SNS別の特徴

Facebook

Facebookは、ビジネスパーソンの利用が多く、ユーザーの年齢層も他のSNSに比べて比較的高めです。

登録も実名制を推奨しており、家族や友達とのつながりを重視しているため、個人アカウントに比べると企業アカウントの表示が少なくなるのが特徴です。

しかし、企業もFacebookページを作成することでホームページの役割を持たせたり、広告を配信することでチラシの役割を果たすことが可能です。

Facebookページではイベントの告知や集客も行うことができますので、Twitterと連携させながら積極的に活用していきたいSNSです。

Twitter

Twitterは、拡散力が他のSNSに比べて段違いに強いため、認知度の向上に役立つでしょう。

Facebookの投稿が友達の友達までしか広がらないのに対し、Twitterはタイムラインに流れて表示されるので全く知らない人でも見ることができます。

また、リツイートされることでどこまでも投稿が拡散されていくため、見込み客の獲得も期待できるでしょう。

ただし、あまりにビジネス色が強い投稿は敬遠されるため、適度にユニークであったり、特徴的なつぶやきに感じる投稿を心がけましょう。

Instagram

Instagramは、画像や動画をメインに投稿するSNSのため、カタログの役割を持たせることができます。

ショップ機能もついているので、Facebookページとの連携でweb上でのショッピングを促すことも可能です。

位置情報も入れることで実店舗への来店も期待できるため、飲食店やアパレル、美容室などのビジュアルが重要な訴求ポイントとなる業種に向いています。

LINE

LINEは、今やあらゆる年代が利用するSNSという点で、どの企業も積極的に導入しています。

1:1のコミュニケーションを取ることもできるため予約に対応できますし、クーポンや商品情報の配信にも適しています。

さらに、LINEメッセージは10,000文字まで送信することができるため、メルマガとしても効果的に活用することができます。

SNSの特徴について理解していただけたでしょうか?

ここまで読んで頂いた方は、自社の商品やサービスをどのように広めたいのか目的に応じたSNSを選択してもらえたと思います。

次にSNS集客の成功事例をご紹介していきます。

SNS集客の成功事例をご紹介

集客の成功事例【その1】:KTC(京都機械工具株式会社)


Facebookページでできること全てを活用しているいい例です。

テキストや動画コンテンツを毎日投稿されており、質問も募集するなど企業サイトとして機能できるほど充実したコンテンツ内容となっています。

イベントの集客も行っていますが、大衆向けではなく、コアなファンのコミュニティが出来上がっていることから、フォロワーの数よりもどれだけ自社に深く関わってくれるのか、というところに重きを置かれていることが分かります。

集客の成功事例【その2】:SHARP


SHARPはツイッターを使って、「中の人」という視点からゆるめのつぶやきをしているのが特徴です。

こういった施策で認知度の向上を図り、さらなるファンの獲得に努めているのが分かります。

集客の成功事例【その3】:GU

 

この投稿をInstagramで見る

 

. GU×SOPH. . 日本を代表するファッションブランド「SOPH.」との初コラボコレクション「1MW by SOPH.」が始動。 ワンマイル圏内を快適に過ごせるスタイリッシュなアイテムが多数ラインナップ。 グラフィックアーティストYOSHIROTTEN氏監修のオリジナルデザインにも注目。ラッパー・アーティストのRyohu氏がモデルとして登場。 ————————————. ☑︎オープンカラーシャツ¥2,490+tax. ☑︎ビッグT¥1,490+tax. ☑︎ハーフパンツ¥2,490+tax. 【6/25(木)からGUオンラインストア・全国のGU店舗にて販売スタート】 ————————————. @soph_co_ltd @kiyonaga_soph @yoshirotten @ryohu_tokyo #GUSOPH#1MWbySOPH#SOPH#ソフ#YOSHIROTTEN#Ryohu#YOURFREEDOM#GU#ジーユー

GU(ジーユー)(@gu_global)がシェアした投稿 –


GUは、投稿に商品の価格を入れることで販売促進の役割を持たせています。

気に入った商品はそのまま公式サイトで買い物ができるというスムーズな動線ができているため、ユーザーの満足度も高いでしょう。

集客の成功事例【その4】:スターバックス


スターバックスは、LINEアカウント内で1日に数回「おすすめメニュー」を配信することで、より身近に感じてもらう施策を打っています。

お店と同じようなサービスをLINE上で体験できることで、興味を持った新規のユーザーを来店に導く目的があります。

さらにLINE上でプリペイドカードを発行することで、会員専用のプログラムへ参加できる動線を作るなど、他にはない施策でファンを集めています。

ここまで読んで頂いた皆さんにはSNSを集客の目的別に使い分ける方法を知って頂けたと思います。

それぞれのSNSの特徴を活かし、自社の商品やサービスはどんな方法で訴求するのが一番効果的なのかをぜひ考えてみてください。

SNSを集客の目的別に使い分ける方法について紹介しました。

まとめ

SNSを集客の目的別に使い分ける方法には、以下の方法があることが分かりました。

  • Facebookはホームページの役割を担い、コアなファンとのつながりを大切にできる
  • Twitterは拡散力に優れ、認知度の向上に役立つ
  • Instagramはカタログや販売促進の役割りを担い、実店舗への誘導も
  • LINEはメルマガの役割や、1:1のコミュニケーションで密なつながりを持つことができる

「SNS集客が上手くいかない」方は"戦略"で失敗している可能性があります。
まずはデジタルマーケティング戦略をゼロから見直しませんか?
【 無料ダウンロード 】明日から使える!デジタルマーケティング戦略シート(Excel形式)

記事を読んで頂いている読者の方へ

いつも多くのいいね・シェア・ツイートを頂きありがとうございます。
無料での情報発信において、1人1人の応援が私たちのモチベーションに繋がっています。


明日から使える!
3ステップでつくるデジタルマーケティング戦略シート

ステップ1~3のテンプレートに入力するだけで、貴社のマーケティング戦略に役立つ「デジタルマーケティング戦略シート」が完成します。

無料ダウンロードページへ
  • 関連記事
  • おすすめ記事
PAGE TOP