集客におすすめのSNS4選!特徴やターゲットを知ろう!


「集客するとなるとSNSは何がおすすめ?
「とりあえずインスタグラムで集客している

このような思いを持っている経営者の方も多いのではないでしょうか。

自社の商品はインスタグラムの運用が合うのか、Twitterが合うのか、Facebookが合うのか分からないですよね。

今回は「SNS別の特徴」「商品特徴に合わせたSNS」について分かりやすく解説していきます。

最後まで読んで頂くと、自社に合ったSNSを選んで頂くことが出来ると思います。ぜひ参考にして下さい。

SNS別の特徴とは?

Facebook

Facebookは2004年にアメリカでスタートしたSNSで、2010年以降、日本でも注目され続けてきました。

企業でも積極的に導入されており、日本国内のアクティブユーザーは今では約2800万人にも登ります。

ユーザーの多くはビジネスパーソンや30〜40代で、女性よりも男性の方が多い傾向にあります。

「実名に基づいたリアルな人間関係のつながり」を重視しており、投稿の表示にもFacebookのコンセプトが反映されています。

  1. 投稿からの経過時間
  2. 投稿のクオリティ
  3. ユーザーとの関係の深さ

Facebookは、これらの評価基準を元に表示順序を決めています。

毎日の投稿に加え、質が高く信頼度を上げる投稿や、ユーザーが共感しやすい投稿を心がける必要があるのです。

Twitter

Twitterの日本国内のアクティブユーザーは約4500万人です。

ユーザーは、40代までの比較的若い年齢層に支持されています。

Twitterの投稿は、最新のものから順に流れるシステムになっており、タイムライン上は常に最新の状態が保たれています。

そのため、「過去にした投稿は18分で消える」とも言われており、1日に複数回の投稿をすることが望ましいと言えます。

拡散性に優れているため、共感しやすい投稿でリツイートされれば、多くのユーザーの目に届くことが期待できます。

Instagram

インスタグラムの日本国内のアクティブユーザーは、約3300万人です。

かつては流行に敏感な若い女性が多く利用していましたが、現在では男女差もなくなってきており、40代以上の方にも多く利用されています。

インスタグラムは、写真や動画をメインにした投稿が特徴のため、「見せ方」にこだわった投稿が共感されやすいでしょう。

インスタグラムは、Facebookのグループ会社のため、投稿の評価基準もFacebookと同様になります。

フォロワーとのコミュニケーションも積極的にとり、評価を上げることで多くの人の目に触れることができます。

インスタグラムには、Twitterのようにリツイート機能がないため、ハッシュタグをつけた投稿で関連性を高め、多くのユーザーに見てもらえる工夫が必要です。

LINE

LINEのアクティブユーザーは、約8000万人にも登ります。

今やほとんどの方が利用している、と言っても過言ではないほど、あらゆる年齢層に浸透しているSNSだと言えるでしょう。

メッセージアプリという特性上、拡散力は他のSNSに比べて劣りますが、公式アカウントを作ってユーザーとのコミュニケーションを取るために効果的なSNSだと言えるでしょう。

集客におすすめのSNS、4つの特徴について分かって頂けたでしょうか?

それぞれで使っている年齢層や性別が分かれるから、自社のターゲットが普段どのSNSを使っているかでアピールするSNSを選ぶ必要がありますね。

ターゲット不在のSNSで、いくらアピールしても集客は見込めません。

次は、SNSでの集客に向いている企業について説明していきます。

SNS別の企業の特徴

Facebook

Facebookのユーザーは、ビジネスパーソンや30〜40代、それ以上の方が多く利用していることを考えると、ターゲットの年齢層が高い商品やサービスをアピールすることに向いていると言えるでしょう。

例えば不動産会社やお酒、車のメーカーなどは、Facebookでアピールすることでユーザーに響くのではないでしょうか。

Twitter

Twitterのユーザーが比較的若いということを考えると、若者が使うことが考えられる商品やサービスを行っている企業や、キャンペーンのアピールに向いていると言えるでしょう。

実際に、多くの企業がキャンペーンを実施するときにはTwitterを活用しています。

Instagram

インスタグラムの特徴から考えると、ビジュアルでアピールしやすい企業やキャンペーンのアピールに向いていると言えるでしょう。

美容室や飲食、アパレルなどは、その特徴からインスタグラムを中心に集客に成功しているお店が多いはずです。

LINE

LINEは、あらゆる年代層にアピールすることができますが、集客には公式アカウントを作ってお友だち登録をしてもらうことになります。

一度お友だち登録をしてもらった後は、定期的なクーポンやお得情報の配信で、リピーターを獲得することが期待できます

LINEでクーポンを獲得し、実店舗へ足を運んでもらう流れが多いと考えられます。

集客におすすめのSNS、4つについて解説しました。

それぞれの特徴やユーザー層に合わせて、自社のターゲットがどのSNSに多く存在しているかを見極めることが重要です。

ターゲットに確実に届けることができるように、適切なSNSを選んで下さい。

まずはSNSの特徴を理解して、どのようにアピールすることが効果的なのか考えてみると良いですね。

まとめ

集客におすすめのSNSは、以下の通りであることが分かりました。

  • Facebookはユーザーの年齢層が高めの商品やサービスをアピールしやすく、信頼性の高い投稿や積極的なコミュニケーションを心がける
  • Twitterは、ユーザーの年齢層が低めの商品やサービス、キャンペーンのアピールにも向いている
  • インスタグラムは、ビジュアル重視の商品やサービス、キャンペーンのアピールに向いている
  • LINEは、あらゆる年齢層にアピールしやすく、お友だち登録でリピーターにつなげる

「SNS集客が上手くいかない」方は"戦略"で失敗している可能性があります。
まずはデジタルマーケティング戦略をゼロから見直しませんか?
【 無料ダウンロード 】明日から使える!デジタルマーケティング戦略シート(Excel形式)

記事を読んで頂いている読者の方へ

いつも多くのいいね・シェア・ツイートを頂きありがとうございます。
無料での情報発信において、1人1人の応援が私たちのモチベーションに繋がっています。


明日から使える!
3ステップでつくるデジタルマーケティング戦略シート

ステップ1~3のテンプレートに入力するだけで、貴社のマーケティング戦略に役立つ「デジタルマーケティング戦略シート」が完成します。

無料ダウンロードページへ
  • 関連記事
  • おすすめ記事
PAGE TOP