SNS集客のツール5選!目的別に使い分ける方法を紹介!

今日は「SNS集客のツール」について学んでいくよ!
SNS集客のツール!・・・。SNSにはいろいろな種類があるけど、特に集客に向いているSNSがあるのかな?
そうだね。ターゲットが存在するSNSを使うから、特別なものではないけれど、目的に合わせたSNSを使った方がいいよね。
そうなんだ。でも、SNS集客のツールと言っても、具体的にはどうやって使いこなしたらいいのかな。分かりやすく教えてください!
分かりました。では今回は、SNS集客のツールとして、目的別に使い分ける方法をまとめてみました。では、順番に見ていこう!

SNS集客のツール5選!:目的別に使い分けよう

目的別集客ツール【その1】:Twitter

Twitterの月間アクティブユーザー数は、約4,500万人です。

10代から30代くらいまでの、比較的若いユーザーに利用されています。

140文字までの文章を投稿することができ、画像や動画の投稿も可能です。

リツイート機能やハッシュタグをつけることができ、フォロワー以外でも投稿を見ることができるため、拡散性はSNSの中でも抜群です。

呟きをメインにする場であるため、ビジネス色の強い投稿は嫌われる傾向にあります。

ユニークな投稿や、共感性の高い投稿でフォロワーを獲得していきましょう。

目的別集客ツール【その2】:Instagram

Instagramの月間アクティブユーザー数は、約3,300万人です。

以前は、30代くらいまでの若いおしゃれ好きな女性が多く利用していましたが、現在では男女比率にも差がなくなりつつあり、ユーザーの年齢層も広がりを見せています。

画像や動画をメインに投稿するSNSで、ハッシュタグをつけて投稿することでユーザーから見つけてもらうことができます。

目的別集客ツール【その3】:LINE

LINEの月間アクティブユーザー数は、約8,000万人です。

ユーザーには50代以上の方もおり、幅広い年代層に利用されるコミュニケーションツールです。

1 : 1 のやり取りや、メッセージの一斉配信も可能で、アプリを起動しなくても通知の分かる「プッシュ通知」機能があるのが特徴です。

ユーザーとのコミュニケーションで、関係性を構築する使い方がおすすめです。

目的別集客ツール【その4】:YouTube

YouTubeの月間アクティブユーザー数は、国内だけでも6,200万人以上に上と言われいます。

テキストコンテンツよりも伝わる情報量が圧倒的に多く、今では企業のブランディングにも利用されています。

ユーザーがサイトやSNSを訪れたくなるよう、お役立ち情報を発信してファン化を進めていく方法がおすすめです。

目的別集客ツール【その5】:note

noteの月間アクティブユーザー数は、2020年5月に6,300万人を突破しました。

今やYouTubeにも負けないくらいのユーザー数を誇ります。

写真、音声、Twitterのつぶやきのようなトーク、動画など、マルチに投稿できるのが特徴で、ブログよりも質の高いコンテンツが受け入れられる傾向があります。

クリエイターにも利用者が多く、ファンがつけば有料記事への誘導も可能です。

SNSの目的別集客ツールについて詳しく分かったかな?
はい。SNSの特徴を理解して、自分がどのようにアピールしたいかで使い分けることができるんだね。
そうだね。そこにターゲットが存在することが前提となるけれど、上手に使い分ければ効果的な集客が期待できます。
はい。では次は、SNS集客ツールをどんな風に使い分ければいいのか、詳しく教えてください!
そうだね。じゃあ次は、SNS集客ツールの使い分けの方法を紹介します!

SNS集客のツール5選!:使い分けの方法とは?

使い分けの方法【その1】:情報の拡散

SNSで情報を拡散するには、Twitterがおすすめです。

前述のように、ユニークな投稿や共感性の高い投稿が受け入れられやすいため、キャンペーンを利用して拡散を狙いましょう。

フォロワーが増えれば、信頼性も増して自社サイトへの誘導も可能になるでしょう。

特に、大企業はフォロワーが多いため、Twitterでの情報拡散に適しています。

使い分けの方法【その2】:販促やキャンペーン

SNSで販促やキャンペーンを行うには、Instagramがおすすめです。

画像や動画中心の投稿を行うため、新商品をおしゃれに撮って投稿すれば、「映え」を意識したユーザーの心に響きます。

ハッシュタグも30個までつけられるため、キャンペーン用のハッシュタグを併用してつけ、ユーザーにも投稿してもらいましょう。

特に小売店や飲食店、美容室などの販促やキャンペーンに向いています。

使い分けの方法【その3】:コミュニケーション

SNSでコミュニケーションを図るたには、LINEの活用がおすすめです。

1 : 1 のやり取りができるため、予約を受けたり、キャンセルにもすぐに対応ができます。

スポーツジムでは、お客様からの質問に答えるために活用し、ファンを獲得している事例もあるようです。

使い分けの方法【その4】:ブランディング

SNSでブランディングを図るためには、YouTubeやnoteの活用がおすすめです。

YouTubeは、本人が出演していることでユーザーへの信頼度も増しますし、「この人の言っていることは信頼できる」「面白い」と感じてもらうことができれば、一気にファン化が進みます。

noteも同様で、より質の高いコンテンツを配信することで信頼度が増し、ブランディングをすることが可能です。

ブランディングに成功すれば、自分のサイトやSNS、有料コンテンツへの誘導も無理なく行うことができるでしょう。

SNS集客ツールの使い分けの方法が詳しく分かったかな?それぞれのSNSに特徴や役割があることを理解して、上手に使い分けてください。
はい。まずは、集客の目的とツールの使い分けをマスターすることが重要だね。
そうだね。そのためには、自分が何のために、誰のためにビジネスをするのかをよく考えることも重要です。
今回は、「SNS集客ツールの使い分けの方法」がよく分かりました!
よかった!また疑問点があったら一緒に勉強していこう!

まとめ:SNS集客のツール5選!目的別に使い分ける方法を紹介!

SNS集客ツールの使い分けの方法には、以下の方法があることが分かりました。

  • 各SNSがどんな目的で利用されているのか、特徴を理解する
  • 自分のビジネスの目的と各SNSを照らし合わせ、合致したツールを利用することが集客に効果的

ぜひ、参考にされてみてください。

参考リンク:

あなたの店に合うSNS集客ツールはどれ?目的別・業種別で3社を比較

SNS集客をガッツリ解説します!【集客方法・事例・ツールまとめです】

Follow me!

無料資料ダウンロード

以下6つのファイルが無料で一括ダウンロードできます。

【1】業者へ依頼する前に!押さえておくべきLPの基礎知識

【2】【保存版】絶対に抑えておきたい!WEB集客の方法5選

【3】【最新】WEBマーケティングで集客を考える!5G時代の新しい広告5選

【4】広告を出稿する前に!「成果につながる」ホームページのつくり方をご紹介

【5】SNS集客のメリット5つ!ファンを逃さない効果的な方法とは?

【6】当社WEBマーケティングのサービス詳細資料

最近の記事

  • 関連記事
PAGE TOP