集客に使える広告の種類とは?予算・目的に応じた広告媒体7つを紹介

広告には様々な種類があり、集客を進めていく上で最適な広告を見つけ出すためには、それまでに莫大なコストが掛かってしまうかもしれません。

しかし、どのような広告が存在し、その広告にはどのようなメリットがあるのかを予め把握しておけば、集客に掛けるコストを適切に割り振ることができます。

そこで今回は『集客に使える広告の種類』について解説していきます。

「web集客が上手くいかない」「自社でwebマーケティングを実施・成功させたい」方はこちら。

集客に使える広告の種類とは?7つを紹介

集客に使える広告にはどのような種類があるのでしょうか?早速、集客に使える広告の種類について見ていきましょう。

1:リスティング広告


リスティング広告は検索連動型広告とも呼ばれ、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位に表示させるための広告です。

ユーザーが検索したキーワードに則してコンテンツが表示されるため、興味関心を持っているユーザーに適切にコンテンツを届けることができるようになります。

また、リスティング広告は即効性に優れ、検索パフォーマンスについてもデータで解析することができるため、分析や改善をしやすいというのが特徴です。

さらに、リスティング広告はクリックされてはじめて課金される仕組みのため、上手く運用ができればかなり優れた費用対効果を実現することができます。

ただし、キーワードによっては広告費が高額になることもあるので、注意が必要です。

2:ディスプレイ広告


ディスプレイ広告はコンテンツ連動型広告とも呼ばれ、Webサイトやアプリ上の広告枠に表示される広告のことを指します。

バナーで表示されていることが多いため、バナー広告と呼ばれることもあります。

ディスプレイ広告はリスティング広告と比べて潜在的な顧客にアプローチすることができるため、興味関心を持っていない層のユーザーにも認知してもらえる可能性があります。

また、リスティング広告よりも安価な傾向があるため、ユーザーの目に留まるような広告を出すことができれば、優れた費用対効果を実現することができます。

3:純広告


純広告とは、特定のメディアの広告枠を買い取って掲載する広告のことを指します。

費用を払えば確実に掲載することができるため、リスティング広告やディスプレイ広告に比べて、より多くのユーザーに認知してもらえる可能性が高まります。

また、大手のメディアに掲載されることで、コンテンツ自体の信頼度やブランド力が上がることも期待できます。

ただし、費用は割高となるため、ある程度の資金を準備する必要があります。

4:タイアップ広告


タイアップ広告は記事広告とも呼ばれ、企業がメディアと協力・提携して掲載する広告のことを指します。

第三者の客観的な視点で商品の魅力を伝えることができるため、広告を嫌うユーザーにも届きやすいというのが最大のメリットです。

また、認知度の高いメディアに掲載されれば、純広告と同様にコンテンツ自体の信頼度やブランド力が上がることも期待できます。

ただし、費用が割高な他にも、掲載までに商品のアンケートや取材などの時間も要するため、計画的な取り組みが必要です。

5:動画広告


動画広告はその名の通り、静止画ではなく動画を使用した広告のことを指します。

YouTubeやTikTokなど、動画需要は年々増加傾向にあるため、より多くのユーザーにアプローチできることが期待できます。

ただし、スキップされたり嫌悪感を持たれる可能性もあるため、良質な動画広告を作成するためにクリエイターへ外注するなど、広告以外のコストが掛かってしまうかもしれません。

6:SNS広告


SNS広告はTwitterやFacebook、Instagramなどに掲載する広告のことを指します。

リスティング広告のように検索するユーザーに向けてではなく、まだ検索していないユーザーを対象に広告を掲載することができます。

また、タイムラインに自然な形で掲載されることで、広告特有の「押し売り感」を払拭することも可能です。

料金もユーザーの反応回数によって決まるため、費用対効果が高いというのが特徴です。

7:メルマガ広告


SNS時代の昨今でも、メルマガ広告は集客に使える広告のひとつです。メールマガジンに登録しているユーザーに対して広告を打ちます。

元々そのジャンルについて興味関心があるユーザーがメルマガを利用しているため、メルマガ広告は実際の購買に繋がりやすいという特徴があります。

低価格で掲載することも可能で、新たなターゲット層の獲得も期待できるため、メルマガ広告で集客をすることは非常におすすめです。

まとめ:集客に使える広告の種類を大公開

いかがでしたか?集客に使える広告の種類は、
・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・純広告
・タイアップ広告
・動画広告
・SNS広告
・メルマガ広告
以上の点が挙げられます。

広告にも様々な種類とメリット・デメリットが存在するのですね。

また、集客に使える広告の種類は時代と共に変化しています。定期的に情報を収集し、トレンドに乗り遅れないように心がけることも大切なポイントです。

ぜひ今後の集客の参考にしてください。

「web集客が上手くいかない」「自社でwebマーケティングを実施・成功させたい」方はこちら。


Web集客のノウハウを社内に定着
内製(インハウス)化を支援します

当社コンサルタントがWebマーケティングの教育を行い「ノウハウの定着」「外注コスト削減」「PDCAの高速化」を実現します。

詳しくみる
  • 関連記事
  • おすすめ記事
PAGE TOP