集客のおすすめ手法は?実店舗とネットそれぞれのおすすめ手法を解説

「おすすめの集客手法はないか?」とお探しであれば、まず自社の業態を把握することが重要です。実店舗型の業態とネットメインの業態では、おすすめの集客方法も変わってきます。

そこで今回は、おすすめの集客手法をネットがメインの業態と実店舗がメインの業態に分けて、それぞれご紹介します。媒体の使い分けにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

「web集客が上手くいかない」「自社でwebマーケティングを実施・成功させたい」方はこちら。

おすすめの集客方法は業態によって異なる?


冒頭でも触れたように、おすすめの集客方法は業態によって異なります。例えば、通販などネットがメインの業態であれば、インターネットを使った集客が最適です。

一方、美容室など実店舗がある業態では、チラシや看板など近くの顧客をダイレクトに呼び込むほうが効果的な場合もあります。もちろん、ネット集客を組み合わせることも可能です。

それぞれメリット・デメリットがありますが、結論としては自社のターゲットにマッチした集客手法を選ぶのがベストです。ターゲットが多い場所で集客をすれば、それだけ成果を上げやすくなります。

ネット集客のメリット・デメリット

ネット集客のメリットは、集客の範囲に制限がないことです。極端にいえば、世界中に発信することもできます。そして、広告の種類にもよりますが、ターゲットを設定できる点もメリットです。見込み顧客に狙ってアプローチできるので、即効性が期待できます。

一方デメリットとして、ネットを利用しない層にアプローチできない点が挙げられます。例えば、高齢者をメインターゲットとしている業態とは相性が悪いでしょう。こういった場合は、チラシなどのアナログな手法が効果的です。

実店舗型の集客のメリット・デメリット

実店舗型の集客のメリットは、ダイレクトにアピールできる点です。例えば看板を設置すれば、店舗の目の前を通る人に直接アプローチできます。また、ネットを利用しない層にもアプローチしやすいです。

デメリットは、ターゲット設定が難しいところ。例えば折込チラシやポスティングは地域は指定できても、「誰に届けるか」は設定できません。相手を選べないので、反応率が悪い傾向にあります。

集客のおすすめ手法【ネット編】


ネット集客は利用できる媒体が多いですが、ここではおすすめの手法を3つご紹介します。それぞれ特徴があるので、ターゲットに合わせて最適なものを選ぶとよいでしょう。

Web広告

Web広告は、文字通りWeb上に表示される広告です。具体的には、リスティング広告やディスプレイ広告などがあります。リスティング広告は検索キーワードを指定して広告を表示できるので、見込み顧客にアプローチしたいときに最適です。

また、広告出稿にコストがかかるものの、即効性は高いです。スピーディーに集客したいときにも適しています。

SNS

SNSの特徴は、コストをかけずに情報を拡散しやすい点です。基本的に無料で利用できるので、それが拡散されればコスト0で集客につながります。また、ユーザーとコミュニケーションが可能なので、ブランドイメージの向上にも利用できる媒体です。

ホームページ・ブログ

いまやホームページは持っていて当たり前となりつつあります。他の方法で集客できても、ホームページがなければユーザーから信頼性が低いと判断されてしまうかもしれません。あらゆる窓口として機能するので、運用はマストと言っていいでしょう。

しかし、ホームページやブログをただ運用するだけでは、競合サイトに埋もれて集客に繋がらないことも多いです。検索上位に表示するために、SEO対策などもセットで検討する必要があります。

集客のおすすめ手法【実店舗編】


実店舗での集客手法は昔ながらのアナログなものが多いですが、近年はLINEやアプリを活用したデジタルな手法も増えてきています。アナログ・デジタル、それぞれのおすすめ手法を見ていきましょう。

折込チラシ・ポスティング

昔ながらの王道な集客手法として、折込チラシやポスティングがあります。Web広告に比べコストがかかる傾向にありますが、Webを利用しないターゲットにアプローチするには最適です。

また、店舗の周辺地域にアピールしたい場合なども有効な手段となります。

看板

店舗を運営していれば必然的に看板は設置しているかと思いますが、看板があればいいというものではありません。地味で分かりにくい看板では、集客効果も半減してしまいます。

看板を効果的に利用するためには、目を引くデザインや情報のわかりやすさなどが重要です。看板を覚えてもらえれば、今後の来店につながることも期待できます。

メールマガジン

Eメールを使った昔ながらのメールマガジンのほかに、LINE公式アカウントなどをメールマガジン代わりに運用する事例も増えてきています。飲食店などでも、友達登録を促している店舗をよく見るようになりました。

リストマーケティングという意味では同じですが、「メールは見なくてもLINEの通知は見る」という人が多いので、LINEの方が開封率が高くおすすめです。

まとめ:集客のおすすめ手法は?実店舗とネットそれぞれのおすすめ手法を解説

集客のおすすめは、業態によって異なります。ターゲットによって適した集客手法は異なりますので、慎重に検討する必要があるでしょう。ターゲットが把握できていない場合は、ターゲットを明確化することが先決です。

ターゲットが明確になれば、自社にマッチした集客手法も自然と浮かび上がってきます。ただし、どんなに良い集客手法でもいきなり成果を上げるのは難しいです。トライ&エラーを根気良く繰り返し、ベストな集客に近づけていきましょう。

「web集客が上手くいかない」「自社でwebマーケティングを実施・成功させたい」方はこちら。


Web集客のノウハウを社内に定着
内製(インハウス)化を支援します

当社コンサルタントがWebマーケティングの教育を行い「ノウハウの定着」「外注コスト削減」「PDCAの高速化」を実現します。

詳しくみる
  • 関連記事
  • おすすめ記事
PAGE TOP