飲食店の集客で効果的な方法は?コロナ禍における集客ポイントもご紹介

飲食店の経営で常に課題となるのが、集客ではないでしょうか?特に近年は新型コロナウイルス感染症の影響が大きく、よりその傾向が強まっています。

「なにか良い方法はないか?」と頭を悩ませている方も多いでしょう。既存の集客方法に加え、コロナ禍に対応した集客方法も求められてきます。

そこで今回の記事では、コロナ対策も含め飲食店の集客方法についてご紹介します。

「Web集客が上手くいかない」「自社でWebマーケティングを実施・成功させたい」方はこちら。

集客で重要なターゲット分類についても解説していますので、集客の指針としてぜひご一読ください。

飲食店の集客におけるターゲット分類


飲食店に限らずですが、一般的に顧客は以下の4つに分類されます。

  • 潜在(せんざい)顧客…自社の商品やサービスを認知していない
  • 見込(みこみ)顧客…認知はされているが、まだ利用・購入には至っていない
  • 新規顧客…初めて利用・購入した顧客
  • 既存顧客…既に利用・購入した顧客<リピーター>

そして、それぞれの顧客層(ターゲット)に応じて適した集客方法は変化します。潜在顧客の獲得に有効な方法もあれば、リピートを促す方法までさまざまです。ターゲットを設定することで、どの方法で集客すべきかが明確になります。

これを踏まえ、デジタル・アナログそれぞれの集客方法について見ていきましょう。

飲食店の集客方法【デジタル】


まずは、デジタルな集客方法からご紹介します。デジタル手法は時間と場所にとらわれない集客が可能なので、積極的な利用をおすすめします。

SNS運用

SNS運用は基本的に無料でスタートできるため、取り組みやすい集客方法といえるでしょう。ユーザー(利用者)数も多く、情報の拡散力が高いのも特徴です。ただし、悪い意味でも拡散力があるので、炎上には注意しましょう。

分析・運用をしっかりと行えば、スピーディーな集客も可能になります。また、いわゆる「バズる」という現象が期待できるのもSNSのメリットです。

ターゲット層としては全体に有効な方法ですが、特に潜在顧客や見込み顧客に有効だといえます。

集客におけるSNSの活用法をまとめた記事はこちらです。

WEB広告

文字通りインターネット上で掲載される広告のことで、媒体や種類によってさまざまなものがあります。例えば、検索結果の上位に表示されるリスティング広告などが代表的です。そのほか、SNS広告もWEB広告の一種といえます。

WEB広告のメリットは、地域やキーワードを絞って広告を出稿できる点。特定のターゲットに向けて広告を打てるので、アナログ手法に比べ費用対効果に優れています。

SNS運用と同じく全体的に有効ですが、特に潜在顧客や見込み顧客の獲得に有効でしょう。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスとは、無料で店舗情報を掲載できるサービスです。例えば「ラーメン」や「居酒屋」などと検索すると、Googleマップとその下に店舗情報が出てきます。そこに掲載されている店舗は、Googleマイビジネスで登録を行っている店舗です。

実際に利用経験のある方も多いと思いますが、営業時間や口コミなどユーザーにとって非常に参考になるものです。つまり、それだけ利用頻度が高く集客効果も大きいといえます。

潜在・見込み顧客はもちろん、地図や営業時間を確認するために新規・既存顧客が利用することもあり、ターゲット層全体に有効な集客方法となります。

飲食店の集客方法【アナログ】


メリットの多さから集客の主流はデジタルに移行しつつありますが、アナログ手法ならではのメリットもあります。どちらかに偏るのではなく、デジタルとアナログを組み合わせ満遍なくアプローチしていきましょう。

店頭看板の設置・改良

昔ながらの手法ですが、看板の集客効果は侮れません。看板を見て来店する顧客もいますし、来店しなくても記憶に残れば認識してもらえます。

視認性やデザイン性も求められますが、掲載している情報も重要です。店名だけでなくメニュー写真も載せるなど、いかに反応率を上げるかを考え看板を制作しましょう。

新規・既存顧客は既に店舗を認識しているので、主に新規・既存顧客の獲得に有効な手段といえます。

チラシのポスティング

こちらもおなじみの集客方法ですが、デジタル化した現代でもその効果は健在です。チラシ制作やポスティングにコストはかかりますが、それでも比較的安価に取り組める手法といえます。

看板と同じく新規・既存顧客の獲得に効果がありますが、さらに細かく言えば高齢者に対して特に効果的な手法となります。ターゲット層が高齢者であれば、特に力を入れるべき集客方法となるでしょう。

コロナ禍における飲食店集客のポイント

通常であれば、上記の方法で認知を広めれば自然と来店につながり、集客ができます。しかし、コロナ禍においては認知から来店までの間に「感染対策がなされているか?」という懸念がつきまといます。

認知を集客につなげるためにもコロナウイルス対策を施し、そのことを知ってもらう努力が必要です。いずれの集客方法でも、店舗やメニューの紹介に加え、同時にコロナ対策も掲載するとよいでしょう。

まとめ:飲食店の集客で効果的な方法は?コロナ禍における集客ポイントもご紹介

飲食店に限らず、集客はターゲット属性を知ることが大切です。まずは現状を分析し、そこから今後の集客方法について考えていきましょう。

集客方法を決めたあとも、さまざまな工夫が必要となります。特に飲食店はひと通りの集客方法を活用していることが多いので、ライバルに埋もれない戦略作りが欠かせません。

デジタルな手法での集客は運用にテクニックが必要な側面もあるため、プロに依頼するというのも一つの手です。最大限の集客で、コロナ禍を乗り越えていきましょう。

「Web集客が上手くいかない」「自社でWebマーケティングを実施・成功させたい」方はこちら。


【全15回】ゼロから見直す!
デジタルマーケティング戦略講座

「Web集客がうまくいっていない」「マーケティング戦略を見直したい」方におすすめです。

マーケティング施策の前提となる戦略を、手を動かしながら学ぶことができ、最終的には貴社オリジナルのデジタルマーケティング戦略が完成します。

詳しくみる
  • 関連記事
  • おすすめ記事
PAGE TOP