店舗へのSNS集客!FacebookとTwitterを活用する方法

「店舗にお客さんを呼び込みたい
SNSで集客する方法が知りたい」

店舗を経営されている方、店舗責任者の方であればそのように考える方も多いのではないでしょうか?

周りの店舗はSNSをつかって上手く集客しているところを見ると、何とかうちも集客したいという気持ちになりますよね。

SNS集客ではインスタグラムを使うという方法もありますが、今回はFacebookとTwitterを活用したSNS集客の方法について、分かりやすく解説していきます。

最後まで読んで頂くと、FacebookとTwitterを活用して店舗へ集客する方法を理解して頂けるかと思います。ぜひ参考にして下さい。

SNS運用を基礎から学びたい方は、無料のメールセミナーへどうぞ。
<全15回>SNSで集客数を増やすためのノウハウ公開! ≫

SNSから店舗への集客方法!:Facebookを使おう

Facebookの使い方【その1】:公式ページを作ろう

Facebookの特徴として、公式ページを作ることができるということが挙げられます。

Facebookに登録していなくても閲覧できるほか、インデックス登録もされるため、検索エンジンからの流入も期待できます。

まずはFacebookページのファンを増やし、見た人しか得られないお得な情報などをつけることで、実店舗に誘導する方法がおすすめです。

Facebookは実名登録制のため、ページを開設するには個人アカウントが必要になります。

管理者としてログインする際に必要になりますので、ビジネス用の個人アカウントを作成しておきましょう。

ガイドに従って入力していくだけで、簡単にFacebookページが作成できます。

一緒にFacebookページを管理していく人を編集者として追加することもできますので、担当者を決めて運用していくのもおすすめです。

Facebookページでは、文章も投稿できますので、開設する際には何件か投稿し、どんなお店なのか想像を喚起させる工夫も必要でしょう。

Facebookの使い方【その2】:広告の活用

Facebookページでは、有料で広告を配信することができ、ターゲット属性を細かく設定できます。

住んでいる地域、性別、年齢の他にも、どんな興味や関心を持っているのかまで設定することができますので、よりターゲットに届きやすいと言えるでしょう。

課金方式も、「クリック課金」「インプレッション課金」「最適化インプレッション課金」から選べますので、ニーズに合わせて選択しましょう。

Facebookの使い方【その3】:注意ポイント

Facebookページでは、2014年にポリシー改正があり、いいね!をすることでインセンティブを与えることが禁止されました。

つまり、「この投稿をシェアしてくれたらお礼をプレゼント!」などというキャンペーンはできないということです。

ただし、「お得情報がもらえる!」という言い回しで誘導することは可能ですので、ポリシー違反にならないように注意し、実店舗へ誘導しましょう。

Facebookから店舗へ集客する方法について理解して頂けましたでしょうか?

まずは魅力的なFacebookを作成して、ファンを増やすことが重要です。また、地域を絞ってリーチすることも店舗集客には大事なポイントですね。

次は、Twitterから店舗へ集客する方法について解説していきます。

SNSから店舗への集客方法!:Twitterを使おう

Twitterの使い方【その1】:ファンを増やす

Twitterでまずやらなければならないことは、ファンを増やすことです。

基本的に、Twitterはビジネス色が全開の投稿は嫌われる傾向にあるので、できるだけ緩いつぶやきで共感を得ていく方法がおすすめです。

自社の商品の宣伝などをつぶやきの中に混ぜるのはNGです。

宣伝ではなく、この商品にはこんなところがある、として上で、使用感などをユーザー目線でつぶやく方法だと共感を得やすいのではないでしょうか。

店舗のURLは、プロフィール欄に載せるだけで十分だと考えられます。

ユーザーに「そうなんだよね〜」と思ってもらえる投稿を心がけ、フォロワーを獲得していきましょう。

Twitterの使い方【その2】:限定キャンペーンの活用

季節によっては、限定キャンペーンを効果的に活用したいものです。

ただし、ただキャンペーンを実施します、という告知よりも「この日だけ実店舗で使える〇〇円オフのクーポン配信中!」などと、より限定性を持たせると効果的です。

拡散されやすいお得なキャンペーンを考え、活用しましょう。

Twitterの使い方【その3】:広告の活用

Twitterの場合も、Facebook同様に細かいターゲティング設定で広告が活用できます。

フォロワーが似ているアカウントのターゲティングも設定できますので、ターゲットになりうる人にも徹底的に届けることができます。

広告が広範囲に拡散されることになるので、効果的に集客することが可能でしょう。

FacebookやTwitterをつかった店舗への集客方法について理解して頂けましたでしょうか?

Facebookページを作ったり、Twitterの拡散力を利用して上手く実店舗への導線を作りましょう。

認知してもらって上手く拡散されれば、実店舗へ行くお得感を感じてもらえるような投稿で集客につながります。

まずは、SNSでどんなお店なのかを知ってもらうことから始めましょう。

まとめ

SNSからの店舗への集客方法には、以下の方法があることが分かりました。

  • Facebookページを作成し、地域を絞ってフォロワーを獲得する
  • Twitterではビジネス色を抑え、まずはフォロワーの獲得に努める
  • FacebookもTwitterも広告が利用できるため、ターゲット属性を細かく絞って実店舗に行くお得感を演出する

【無料】メール限定セミナー

<全15回>SNSで集客数を増やすためのノウハウ公開!

当メールセミナーでは、このような方に役立つ情報を無料で発信していきます。

〇「SNSでの集客が上手くいかない」
〇「SNSの集客を基礎から学びたい」
〇「効果的なSNSの活用法を知りたい」

SNSを効果的に活用できるようになった!というお声が少しでも増えるよう、
登録後、15日間にわたって有益な情報を発信していきます。

個人情報保護方針に同意の上ご登録ください。

  • 関連記事
  • おすすめ記事

最近の記事

PAGE TOP